普段は何かにつけて親に反抗をする子供で可愛くないと思ってしまうこともあるものですが、それだけに意外な一面を見せたときには知らないところで成長をしている子供に感動をしてしまうことがあります。
高校生ともなれば親の知らないことをたくさん覚えるようになり、何時どこでそのようなことを覚えたのか驚いてしまいます。
何も考えていないようでしっかり勉強している子供をみると、親は何もしなくても自然と成長するということを実感します。

テレビで浮上油回収装置特集が流れていました

テレビで浮上油回収装置の特集が流れていたのですが、自分には少し難しすぎるものでした。
この機械にどれだけの意味があるのか、どのような仕組みで動いているのかもわかりませんでしたし、浮いている油を回収するだけですから極端な話手で掬うのとそれほど違いがないのではないかぐらいに考えていたのです。
実際に規模が小さいところであれば手で掬っても良いのでしょうから、仕組みとしてはそのようなものなのかなと思っていたのですが、それだけに何故このようなものが特集をされるのかと疑問に思ってしまいました。
一般の家庭ではほぼ必要のないものでしょうし、仕事でも身近に関わりがある人もそれほど多くなさそうですから、浮上油回収装置の特集で一体誰が興味をもつのかそちらのほうが気になってしまったのです。
そのように言いつつも普段目にすることのない機械をみるのは面白いもので、なんとなくではありますがテレビの画面に見入ってしまう出来事でした。

息子は科学の授業で習ったらしいです

浮上油回収装置というものが一体何なのかよくわかっていないながらも眺めていた所、丁度部屋から出てきた息子が、この機械の仕組や働きをわかりやすく説明をしてくれました。
まず、浮上油回収装置を知っているということに驚いたのですが、更に驚いたのはそれをわかるように説明をしてくれたということです。
科学の授業で習ったばかりということで、たまたま覚えていたようですがそれにしても、平凡な主婦に対して浮上油回収装置のことをわかりやすく教えてくれたことに感動をしました。
もしも、自分が人に教える立場でしたらここまで簡潔に説明することができる自信がありませんから、それを難なくやってのけた息子に対してびっくりしてしまったのです。
普段は生意気なことばかり言って可愛げないと感じたりするのですが、何時の間にかこれだけしっかりした人間になっていたとは知りませんでした。
子供というのは親が何もしなくても、自分で成長していくのだと浮上油回収装置の仕組みとともに知ることができました。